iPhoneは下取りと買取、どっちがお得?価格表で比較してみた。

iPhoneの分割払いも終了し、買替えのタイミングが来た方必見。今回はキャリアの下取りと買取、どちらがいくらお得なのかご紹介します。

2019年3月14日更新

お得にiPhoneを買い替えるなら


お得にiPhoneを買い替えるなら

「このiPhone5s、2年の分割払いも終わったし買い替えのタイミングだな~」
買い替えのタイミングで直面する問題といえば、下取りに出すか、買取に出すかというもの。

5sや6sの分割払いが終わったから、新しくiPhone XSやiPhone XR、iPhone 8のどれかを下取り価格か買取価格で安く購入したいと考えている。なんて方もいるのではないでしょうか?

Apple Storeでは、
iPhone XSは、112,800円(税別)~
iPhone XRは、84,000円(税別)~
iPhone8は、67,800円(税別)~
発売されています。

例えば、次は格安SIMで毎月の携帯料金を減らしたい!料金をおさえたい!と考えている方は、中古品の購入を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

中古のiPhoneをお探しの方は、中古iPhone価格一覧をチェックしてみてください。

ただ、自分の使っているキャリアの下取り価格と、数ある買取ショップの買取価格を比較するのは大変。

今回は、キャリアの下取り価格と買取ショップの買取価格を表でわかりやすくご紹介いたします。相場を知るためにのぜひ参考にしてください。

各キャリアの下取りプログラム


買い替えのタイミングで、必ずと言っていいほど聞かれる「下取りに出しますか?」という質問。

一体いくらで下取りしてくれるのでしょうか?

今すぐ下取り価格と買取価格の比較表を確認したい!という方は下記からチェックしてみてください。

Docomoの比較表はこちら
auの比較表はこちら
Softbankの比較表はこちら

2019年3月1日時点でのiPhoneXの4キャリアの下取り価格はこんな感じです。
Docomo 55,000円
au 55,080円
Softbank 63,600円
Y mobile 54,000円

2017年9月22日に発売されたiPhone8の下取り価格はこちら。
Docomo 33,000円
au 33,480円
Softbank 33,360円
Y mobile 23,760円

次に2015年9月に発売されたiPhone6sはどうでしょう。
Docomo 10,000円
au 14,040円
Softbank 13,6800円
Y mobile 12,960円

(2019年3月1日時点)

キャリアによって下取り価格にはバラツキがあり、auのようにポイントとして使えるキャリアもあれば、docomoのように携帯電話機などの購入代金から割引するキャリア、SoftbankやY mobileのように月々の携帯使用料金を割引という形をとっているキャリアもあります。

下取りの場合、現金を手に入れることができないため、現金に変えたいという方は買取がおすすめです。

またキャリアでの下取りの場合、iPhoneの容量が64GBでも256GBでも下取り価格は変わらないため、機種代の高い容量の大きなiPhoneを持っている方は損した気分になってしまうかも。

下取りのメリットは、画面が割れていても下取りしてもらえるという点。画面が割れている場合の下取り価格を見てみましょう。

▽iPhoneXの場合(正常稼働iPhoneの下取り価格→画面割れiPhone下取り価格)
Docomo 55,000円→16,500円
au 55,080円→16,200円
Softbank 63,600円→19,080円
Y mobile 54,000円→16,200円

▽iPhone8の場合
Docomo 33,000円→9,900円
au 33,480円→10,260円
Softbank 33,360円→10,080円
Y mobile 23,760円→7,200円

▽iPhone6sの場合
Docomo 10,000円→3,000円
au 14,040円→4,320円
Softbank 13,680円→4,200円
Y mobile 12,960円→3,888円

このように画面割れのiPhoneは正常稼働のiPhoneに比べて下取り価格が1/3ほどになるようです。
※参考:3月1日時点、docomo、au、softbankオフィシャルサイト下取り価格情報

iPhoneXなど、下取り価格も大きいものは画面修理をしてから下取りに出すほうが結果的にはお得かもしれません。

ただし、街の修理屋さん(非正規店)での修理は改造とみなされてしまい、下取りしてもらえません。

そのため、画面の修理は正規店で行うことをおすすめします。AppleCare+に加入の方は3,400円で画面修理ができるようです。

買取ショップの最高買取価格


それでは各キャリアの最高買取価格を見てみましょう。
機種ごとに比較して、買取と下取りおトクと思われる方に〇を付けています。

まずはDocomoから。

Docomo

DocomoはiPhone5s、5cを除いて、買取に出したほうが高値で買取ってもらえるようです。

次にauです。

au

auはiPhone6sや5c以外が買取に出したほうが高値で買取ってもらえることがわかります。
容量が多いiPhoneをお持ちの方はなおさら買取のほうがお得なようです。

最後にSoftbankはどうでしょう。

softbank

※楽天買取での最高買取価格:3月1日時点

iPhoneXをお持ちの方は、Softbankに下取りに出したほうが金額的にはお得と言えます。
しかし、この下取り価格は現金で受け取れるのではなく、月々の携帯使用料から割引される制度になっているため、現金が欲しいという方にはおすすめできません。

iPhone買取では、画面割れなどがある場合、買取不可か、大幅に買取額が下がるので注意が必要です。

また、耳にしたことがある方もいると思いますが「ネットワーク制限」も買取不可の項目のひとつ。
買取不可の項目はいろいろあるので、気をつけてくださいね。

まとめ


いかがだったでしょうか?
iPhoneを買取ショップに出すことがおすすめな方は、
・現金にしたいという方。
・画面保護シートやケースでカバーしていたためiPhoneの状態がいい方。
・少しでもお得に買い替えたい方。
・容量の大きなiPhoneを買い替えたい方。
です。

楽天買取では様々な買取ショップがiPhoneの買取を行っています。

ショップによって買取金額やシステムも変わってくるため、気になる方は「おすすめのiPhone買取ショップ記事」をご覧ください。

また、楽天買取なら「初めての買取成約で2,000ポイントプレゼント」にエントリーで条件を満たすと初回買取成約2,000ポイントもらえるため、今まで楽天買取を利用したことのない人なら、お得感がさらにアップ。

ぜひ利用してみてくださいね。

楽天買取

楽天市場のショップが不要品を買取るサービスです。
ブランド品、古着、古本、ゲーム、パソコン、スマホなど、幅広いジャンルで売ることができ、ポイントももらえます。



おすすめのキャンペーン