2018-12-17

買取申し込みをスムーズにする3つのこと

買取申し込みをスムーズにする3つのこと

「ネット買取の申し込みフォームは書くことが多いな…」と感じている方のため、今回は複雑な買取手続きをスムーズに成約まで進められるように、ご準備いただくものをご紹介します。

1.ネットを通して売る時に準備しておくと スムーズになる3つのこと

ネットを通して売る時に準備しておくと スムーズになる3つのこと

中古品の買取については、古物営業法という法律で、買取成約までに一定事項につき確認が義務付けられていることもあり、これらの事項につき申し込みフォームに記入することが多くなっています。

具体的にネットの買取申し込みでは、買取のいずれかの段階で、必ず「身分証明書」「現住所情報」「口座情報」が必要になります。これらの情報・証明等を事前準備していただくことで、スムーズに買取手続きを進められます。

1.身分証明書の準備
買取には必ず身分証明書の提示が必要です。
買取ショップに直接行って買い取ってもらう場合も、買取ショップのスタッフが引き取りにくる場合も、宅配での買取の場合も、身分証明書を提示いただく必要があります。
非対面取引の場合、特に法令上本人確認の方法が複雑なので、申し込みの際、事前に身分証明書を用意しておくとスムーズに進められます。

なお買取ショップによりますが、身分証明書として使える主なものは次の通りです。
・健康保険証
・国民健康保険証
・運転免許証
・日本国パスポート
・外国人登録証在留カード/特別永住者証明書
・船員保険証
・後期高齢者医療保険証
・年金手帳
など

もし引っ越しなどで身分証明書にある住所と現住所が異なる場合は、身分証明書のほかに、3か月以内の公共料金領収書を必要としているところが多いです。詳しくは各買取ショップのご説明をご覧ください。

2.現住所情報の確認
現住所情報も買取ショップに伝える必要があります。
買取ショップに、自分が実際に伝えた場所に住んでいることを確認してもらうためです。

買取ショップに現住所情報を伝える必要があるので、引っ越しして間もない方は、事前に現住所のわかるものを準備しておくとスムーズに買取手続きを進めることができます。

3.口座情報の準備
買取価格を送金してもらう先として、振込先口座を買取ショップに伝えることも必要です。

買取ショップは、買取申し込みをした本人名義の預貯金口座など(預貯金口座または、郵便振替口座)に送金します。そのため、買取申し込みをする時に口座情報も準備しておけば、スムーズな買取手続きを進めることができます。

2.まとめ

いかがでしたでしょうか。
身分証明書、口座情報、現住所情報の3つを準備しておくと、買取成約までスムーズに進められます。
なお、楽天買取では、楽天会員IDでログインすれば、買取申込フォームで自動的に登録済の住所や氏名といった情報が反映されるので、少しだけ手間が省けます。

そのほかに、楽天買取では、買取申込した物の査定結果がもらえるタイミングや、買取価格が振り込まれるタイミングは、買取ショップからお知らせがもらえるので、いつ成約するかわからないフリマアプリやオークションより効率的という声もあります。

楽天市場にも出店しているプロの買取ショップが買い取る楽天買取。ぜひ、安心して不要品を売っていただけたらと思います。

楽天買取:楽天市場のショップが不要品を買い取るサービスです。 ブランド品、古着、古本、ゲーム、パソコン、スマホなど、幅広いジャンルで売ることができ、ポイントももらえます。

買取マガジン編集部

買取マガジン編集部のスタッフが、買取に関するお得な情報を、買取ショップ取材や、実際に売ってみたレポートなどを通してご紹介! 買取価格相場や、高く売るコツ、おすすめ買取ショップ、売る前にしないと損になるようなことなど、気になる情報を売りたい商品別に発信していきます。随時更新しているので、何度も来ていただけたら嬉しいです。

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事