眠っているゲーム機ありませんか?PS4やSwitch、WiiUなどを賢く売りましょう

ゲーム機を売ろうと思っている方必見。それぞれの参考買取価格一覧とショップの選び方をご紹介します。

2019年1月25日更新

1.使わなくなったゲーム機はいつ売るべき?

突然ですが、お家に眠っているゲーム機はありませんか?
SwitchやPS4はもちろん、WiiUや3DS、PS3やPS Vitaなどのゲーム機を持っている方に朗報です! これらのゲーム機は、まだまだ高く売れる可能性があるんです!

昔はよくプレイしたけど新しいゲーム機を買ってから使わなくなってしまったり、就職や上京といった環境の変化でゲーム機を触る機会自体なくなってしまったり・・・。

人によって理由はさまざまですが、
そのままプレイをしないで家に置いておくのはもったいない!
ゲーム機の相場は日々変動するもの。使わないゲーム機は相場が変わらないうちに売ってしまうのが賢いやり方です。

そこで今回は、先ほど紹介したようなゲーム機がいくらで買取されているのか、また売る時にどういった点を注意すればよいのかについてご紹介します!

2.WiiUと3DSの相場

まずは任天堂の主力商品、WiiUと3DSについてです。
WiiUは任天堂が2012年に発売した家庭用ゲーム機で、 2018年9月現在までに累計1,356万台を販売しています。

メーカー希望小売価格は
Wii U ベーシックセットが税別25,000円、Wii U プレミアムセットが税別30,000円。

プレミアムセットは、ベーシックセットの4倍の32GBで、また、プレミアムセットには充電スタンドとプレイスタンド、本体縦置きスタンドが付属しています。

そんなWii Uの最近の買取価格はこちら。


なお、付属品はベーシックセット、プレミアムセット共通してHDMIケーブル、Wii U本体ACアダプター、GamePad ACアダプターの3つです。

プレミアムセットの場合はさらに充電スタンドとプレイスタンド、本体縦置きスタンドが付いていますので、買取に出される際は高く査定してもらうためにも、忘れずに発送するようにしましょう!

またPROコントローラーのような別売りの周辺機器をお持ちの場合は、以下の値段で買取実績があります。もし買取に出したい場合は、チェックしてみてくださいね。

お次は3DSについて。

3DSは任天堂が2011年に発売している携帯用ゲーム機で、 2018年9月現在までに累計7,353万台を販売しています。

メーカー希望小売価格は
3DS クリアブラックが税別14,286円、3DS LLメタリックブラックが税別18,800円。

3DSと3DS LLの最近の買取価格はこちら。


3DSはまだまだ新作ソフトが出ているハードですので、需要も多いのではないでしょうか。プレイする予定が無いのであれば、早めに売ってしまったほうがよいかもしれません・・・!

なお、3DSの付属品は専用タッチペン1本、SDカード1枚、ARカード枚、ACアダプター1個、専用充電台1個です。LLの場合はACアダプターと充電台がで、注意が必要です。

買取に出される際は高く査定してもらうためにも、忘れずに発送するようにしましょう!

3.PS3とVitaの相場

続いてはSONYが誇るベテラン、Play Station3(プレイステーション3)、通称PS3とPSVitaのご紹介です。

まずはPS3についてご紹介します。

PS3はSONYが2006年に発売した家庭用ゲーム機で、2013年11月現在までに累計8,000万台を販売しています。(現在は生産終了)メーカー希望小売価格はCECH-3000Aで税別23,791円。

PS3は初代のCECHシリーズからはじまりCECH4000まで大きく分けて4つのシリーズがあります。それぞれ買取相場が異なりますので、買取に出す際は注意が必要です。
お手元にPS3がある場合、本体の背面にあるバーコードから型番を見ることができますので、是非確認してみてくださいね。

PS3の最近の買取価格はこちら。



なお、PS3の付属品は本体の他に、コントローラー、AVケーブル、USBケーブル、電源コードです。 買取に出される際は高く査定してもらうためにも、必ず忘れずに発送するようにしましょう。

お次はPS Vitaです!
PS VitaはSONYが2011年に発売した携帯用ゲーム機です。

メーカー希望小売価格は
3G/Wi-Fiモデル、Wi-Fiモデル共に税別19,029円となっています。

そして気になる、PS Vitaの最近の買取価格はこちら。



なお、PS Vitaの付属品は本体の他に充電用アダプタ、USBケーブルです 。3Gモデルの場合は更にSIMカードも。買取に出される際は高く査定してもらうためにも、必ず忘れずに発送するようにしましょう。

4.Nintendo SwitchとPS4の相場

続いては任天堂とSONYが誇る、今もっとも旬なハード、Nintendo Switch(ニンテンドー スイッチ)とPS4のご紹介です。

まずはNintendo Switchについて。
Nintendo Switchは任天堂が2017年に発売した家庭用ゲーム機で、 2018年9月までに累計2,286万台を販売しています。
Nintendo Switchのメーカー希望小売価格は、税別29,980円となっています。

そして気になる、Nintendo Switchの最近の買取価格はこちら。


さすがに2017年発売なだけあって、買取価格もかなり高いですね!遊びつくしたら、需要が高いうちに買取に出してしまうのもアリかもしれません。

なおNintendo Switchには、本体の他にNintendo Switchドック、Joy-Con、ヘッドセット、Joy-Conストラップ、Joy-Conグリップが付属していますので、

買取に出される際は高く査定してもらうためにも、必ず忘れずに発送するようにしましょう!

またNintendo Switch Proコントローラーのような別売りの周辺機器をお持ちの場合は、以下の値段で買取実績がありますので、あわせて買取に出してみましょう。


続いてはPS4についてです。
PS4はSONYが2014年に発売した家庭用ゲーム機で、 2019年1月まで に累計9,000万台を販売しています。
PS4には現状、スタンダードモデルのPS4と4K対応のハイエンドモデルPS4 Proがあり、
メーカー希望小売価格は
PS4の1TBが税別29,980円、PS4 Proの1TBが税別39,980円となっています。

そして気になる、PS4の最近の買取価格はこちら。


PS4は2014年発売とSwitchよりは古いものの、現在まで人気の衰えないハードとなっています。買取相場も依然高い水準です!
使う予定が無ければ、ぜひ早いうちに買取に出すことをおすすめします。

なおPS4、PS4 Pro共に、付属品は本体の他に説明書、コントローラー、ヘッドセット、電源コード、HDMIケーブル、USBケーブルです。

買取に出される際は高く査定してもらうためにも、必ず忘れずに発送するようにしましょう。

またPS4専用ワイヤレスコントローラーのような別売りの周辺機器をお持ちの場合は、以下の値段で買取実績がありますので、チェックしてみてくださいね。

いかがでしたか?お手元のゲーム機がどれくらいの相場なのか、ご確認いただけたのではないでしょうか。本体や箱、付属品の有無、また相場の変化によって価格が変わることはありますが、おおよその目安になれば幸いです。

ゲーム機の買取は楽天買取におまかせ!

ここまで、代表的なゲーム機の参考買取価格をご紹介しました。

ゲーム機を売ろうと思い立ったら、まずは売りたいゲーム機の参考買取価格を調べて、高く買取ってくれそうなショップの目星を付けること。その上でチェックしたいのが、口コミです。

口コミは、実際にゲーム機を販売したユーザーの生の意見を知ることができるとても公平な指標です。買取価格はもちろん、査定にかかった時間や入金時間など、ショップのサイトだけでは知ることができないさまざまな特徴を知ることができます!

そして、今まで紹介したゲーム機を買取に出す際におすすめしたいのが、楽天買取

楽天買取ではたくさんの買取ショップから口コミ買取価格を見てショップを選ぶことができます。

また送料の有無、梱包キットの有無、楽天ポイントの倍率などが一目で分かるようになっており、きっとあなたにぴったりのショップを見つけることができます。

ちなみに、PlayStation4、Nintendo Switch、Nintendo 3DSのメジャーなゲーム機本体における、2018年下半期の「楽天買取」での買取実績のシェア(割合)は以下のようになっています!


※集計期間:2018年7月~12月(2018年下半期)集計対象:買取申込件数(成約したかは不明)

PlayStation4が1番人気ですが、Nintendo Switchも後半大きく数字を伸ばしました。

上記で挙げたゲーム機をお持ちの方も、それ以外のゲーム機をお持ちの方も、売ろうと思った際は、ぜひ楽天買取を見てみてくださいね。

楽天買取

楽天市場のショップが不要品を買取るサービスです。
ブランド品、古着、古本、ゲーム、パソコン、スマホなど、幅広いジャンルで売ることができ、ポイントももらえます。



おすすめのキャンペーン