ゲームを売る時に準備するもの、知っておきたいこと総まとめ

本人確認書類など、ゲームをはじめて売る時に準備しておいたほうがスムーズに取り引きができるものについて説明します。合わせて未成年の方が売る時の注意点についてもお伝えします。

2019年1月22日更新

目次

1.ゲームを売る時に準備するもの

ゲーム買取の申込

ゲームはいっぱい持っていて、もうやらないゲームも多いな…なんてときは、思い切って売ってしまいませんか?ゲームは新しいものほど高く売れる傾向なんですよ。
初めて売る人は、まずはこのまとめをよく読んでからトライするのがおすすめです。

最初にお伝えしたいのが「ゲームを売るなら、価格相場やショップの買取実績が検索できるインターネット買取ショップが便利」ということ。特に家にいながら宅配便のやり取りでゲームが売れる宅配買取は人気です。
そんなインターネットのゲーム買取ショップが多く集まっているのが楽天買取。送料無料、ポイントキャンペーン中といったショップのサービスの比較ができるのでお得度に差が出ます。

楽天買取に限らず、ゲームをスムーズに売るために準備しておいたほうがいいものがあります。それらは買取取り引きを安心、安全に進めるため「古物営業法」という法律があり、そのルールを守るために必ず必要なもの。なので、ぜひ覚えておきましょう。

・本人確認できる身分証明書と振込口座情報
ゲームソフトやDVDの買取には買取には申し込み時に必ず身分証明書の提示が必要です。買取ショップに直接行って買い取ってもらう場合も、買取ショップの人が引き取りにくる場合も、宅配での買取の場合も、身分証明書を提示しなければいけません。

これは盗んだものを現金化するために買取ショップを利用されるのをブロックするなど、犯罪防止のために作られたルールなんです。買取ショップでは盗品を他人に「なりすまし」て売られることがないように、身分証明書でしっかり本人確認を行います。

インターネット買取の中でも、宅配で商品のやり取りをする宅配買取はショップの人と会わない「非対面取引」にあたり、特に法令上本人確認の方法がちょっとだけ複雑。だから申し込みの際、事前に身分証明書を用意しておくとスムーズに進められます。
提示方法はインターネット上では画像をアップロードする形か、商品を送るときにコピーをいっしょに入れる形の2パターンが一般的です。

なお買取ショップによりますが、身分証明書として使える主なものは次の通りです。
・健康保険証
・国民健康保険証
・運転免許証
・日本国パスポート
・外国人登録証在留カード/特別永住者証明書
・船員保険証
・後期高齢者医療保険証
・年金手帳
・学生証

など
※詳細は買取ショップでご確認ください。

もし引っ越しなどで身分証明書にある住所と現住所が異なる場合は、身分証明書のほかに、3か月以内の公共料金領収書を必要としているところが多いです。詳しくは各買取ショップのご説明をチェックしてみてください。

また宅配買取では買取価格を送金してもらう先として、振込先口座を買取ショップに伝えることも必要です。

買取ショップは、買取申し込みをした本人名義の預貯金口座など(預貯金口座または、郵便振替口座)に送金します。そのため、買取申し込みをするときに口座情報もすぐわかるように準備しておきましょう。

・おうちで売るときは梱包材の準備を
宅配買取では商品をショップに送付するため、ダンボールなどの梱包材を準備します。ただしゲーム買取ショップによっては、梱包キットが無料でもらえるサービスを採用していて、依頼をすれば店舗から送付してくれます。 楽天買取ではこちらのページの上部のボタンで「無料梱包キット」のボタンを選べば、梱包材を無料提供しているショップだけを絞れるので、とっても便利です。

2.申込書の職業選択欄を記入する時の注意点


ゲーム買取ショップに買取申し込みをするときは、ほとんどの場合で氏名、住所、電話番号などを記載する申込書が必要です。
申込書の項目のひとつに「職業選択欄」というのがあります。ここに記載するものが身分証明書で読み取れる情報と一致していなければ、「なりすまし」の疑いで買取NGになってしまいます。
運転免許証などでは職業はわかりませんが、保険証などはショップの人が照らし合わせてチェックすることができますよね。
ここで大事なのは「内容が一致しているか」ということ。収入をチェックするわけではないので、「無職」と書いたからって買取NGになることはありません。むしろウソの記載はしないようにしてください。

3.未成年でゲームを売りたい場合は


ゲーム買取の申込

・18歳、19歳で売りたい場合
古物営業法のルールではありませんが、各自治体の青少年健全育成条例で未成年の買取をNGにしているところが増えてきています。「18歳未満」「18歳未満(高校生を含む)」「未成年」とショップによって線引きはさまざまです。
「学生証が身分証としてOKになっているけど、18歳の高校生はゲームが売れるの?」という方、残念ながら最近では18歳でも高校生はNGのショップが多いようです。学生証が身分証として使えないというショップも増えてきています。
楽天買取では18歳未満はNGというルールがあります。ショップによっては18歳、19歳OKというところも。18歳、19歳の方は近所でそういうショップを探すより、ショップがたくさん集まっている楽天買取のショップページをチェックしたほうがラクかもしれませんね。

・18歳未満で売りたい場合
18歳未満の場合は買取申し込みができないので、保護者に頼みましょう。口コミで評判の宅配おすすめ買取ショップを自分で選んでから、お願いしてみて。大人にとっては家で完結するし、楽天ユーザーだったら申し込みフォームの記入も簡単なショップもあるので準備がラク。宅配買取を選べば、お店の人を家にあげて迷惑かけることもありません。安心の「楽天」なら保護者の方も納得するはずですよ。

4.まとめ

・ゲームのソフトを売る時は古物営業法により、本人確認、現住所確認が必要。
・身分証明書、振込先口座情報、身分証明書で現住所が確認できない場合には、住所が確認できるものを事前に揃えておくとスムーズ。
・梱包材を用意してくれるショップもある。楽天買取なら簡単に見つかる!
・申込書の職業選択欄は嘘のない記載を。
・18歳、19歳はショップによって買取OK。楽天買取なら探しやすい!


いかがでしたか?
ゲーム買取はコツをつかめば、どんなものでも最適な方法で売ることができます。
賢く売るための近道は楽天買取を利用すること!ぜひチェックしてみてくださいね。

楽天買取

楽天市場のショップが不要品を買取るサービスです。
ブランド品、古着、古本、ゲーム、パソコン、スマホなど、幅広いジャンルで売ることができ、ポイントももらえます。

おすすめのキャンペーン